腸内環境の悪化がアレルギー体質を招く

腸内環境の乱れがアレルギーを招く

慢性的な便秘によって腸内に悪玉菌が増えると、免疫力の低下や活性酸素の増加によって体のさまざまなところに炎症が起こりやすくなるそうです。

 

そんな形でデリケートになった腸内を放置しておくと、スギ花粉やハウスダスト、食べ物などへのアレルギー症状が突然出ることもあるのだとか。

 

このようなメカニズムを詳しく読んでいると、私がこれから取り組もうとしている便秘解消は「間接的なアレルギー予防策」なのだと思いました。

 

アレルギーを改善するヨーグルトが多いかも!?

スーパーマーケットのヨーグルト売り場にいると、確かにアレルギーや花粉症を解消する製品が多いことがわかります。

 

またこのような作用のないヨーグルトでも、腸内環境が改善することで免疫力が高まれば間接的にアレルギーが改善することもあるため、毎日腸に良い商品を摂取すべきなのかもなぁと感じた次第です。

 

そんな私は、ほとんどヨーグルトを買わないので、何かサプリメントなどで腸に良い菌を摂取できればと思っています。

 

アレルギーと敏感肌は似ている!?

腸内環境の乱れによってさまざまなアレルゲンに反応する人は、アトピー性皮膚炎や敏感肌にもなりやすいそうです。

 

常に便秘と闘っている私は、化粧品さえも外的刺激と捉えるほど重篤な敏感肌なので、自分に合うスキンケアアイテムを探すよりも腸内環境を改善することを考えた方が、体の中から美しくなれる気がしたのでした。

 

また美容雑誌を読んでいたら「腸美人は超美人」という面白いフレーズを発見したので、私も肌の外から無駄な抵抗をするのではなく、腸に良い物を摂取して体の中からエイジングケアを行いたいと思うようになりました。